クエン酸入りのお湯で臭いが改善!靴下の臭いが気にならない方法

靴下の臭いが気になり始めたのは25歳をすぎてからです。それまで、自分の靴下の臭いが気になるといったことはなかったのですが、自分でもわかるほどに、靴下の臭いが気になるようになりました。

私は現在、営業職として働いており、一日中革靴を履いて過ごしております。仕事が終わる時間になると、自分の足の臭いがどうしても気になってしまします。

汗をかきやすい夏場よりも、冬場の方がより臭いがきつく悩んでおりました。仕事終わりに行われる得意先との会食の際に、私は最も靴下のにおいが気になります。

会食の前には靴を脱がなければいけないのかが気になり、また靴を脱がなければいけない座敷の場合には取引先に対して不快感を与えていないかが常に気になるようになりました。

すると靴下の臭いばかりが気になってしまい得意先との会話が全く頭に入っていないということすらありました。自分の臭いで他人に迷惑をかけていないかと気にしすぎることで、更に足に汗をかいてしまう悪循環になってしまっていたと思います。


私は、足の臭いが気になるようになってからは、同じ靴を2日間続けてはかないように心がるようになりました。また、天気がよい日には靴をベランダで干すようにしています。

やはり湿気が多いと臭いはきつくなってしまうので、天日で靴を干すのはとても効果がありました。

また、体質改善という意味でそれまでシャワーだけで済ましていたのを、きちんと湯船に浸かるようにしました。またネットで足の臭いの改善のワードで調べて、クエン酸をお湯に溶かして足を浸けることも試してみました。

クエン酸は非常に効果がありました。臭いがなくなることはありませんが、かなり改善されました。

以上のようなことで私は靴下の臭いに対処していました。それでも日によっては臭いが気になる場合もあり、そんな時には換えの靴下を常備しておき、会食の前には靴下を履き替えるようにしました。

そうすると足の臭いを気にせず会食の場でも自然に振る舞えるようになりました。

通気性の良いシューズを履くことも大事!30代女性の臭い対策!

ふとした瞬間に、自分の体臭が気になることがあります。夏場にソックスを履いているときや特にストッキングを履いていて、帰宅して玄関で靴を脱いだ瞬間とかにぷーんと汗臭いにおいがして嫌だなと感じました。

10代の時はそんなに気にならなかったのに、20代になってから気になるようになってきました。
10代の時は運動もよくするから皆が汗臭いのは当たりえで、靴箱が臭いのは普通のことだったけれど、20代になると環境も変わって女性が臭いというのは致命的なことなので気になり出しました。

夏場も足が臭くなりやすいのですが、冬場も意外と臭くなります。特に、厚手のタイツを履いてロングブーツを一日履くと、靴の中が湿気て臭くなりやすいです。

また、外食に行った時に座敷で靴を脱がなくちゃならない時は、ソックスやタイツが臭くなって周りに不愉快な思いをさせていないか気になります。なので、長時間ずっと靴をはく浄化用が事前に分っている場合はブーツは履かないようにしています。


また、同じ靴を毎日履いていると、靴の中がずっと湿気た状態になってしまい、タイツまで臭くなりやすいので、毎日同じ靴は履かずにちゃんと中が乾燥してから履くようにします。

また、夏場は特に汗もかくのでソックスを履く前に制汗スプレーを足にふいておくと匂いが抑えられるように感じます。それでも8時間とか長時間経ってまた臭ってきたら、またスプレーをしたり汗をふくシートで直接足を拭いたりします。

やっぱり、小まめにそういうことをすると臭いも違ってくると思います。


また、ソックスやタイツの素材にも気をつけたら少しは違いました。やはり通気性がよくて直ぐに乾くようなタイプの素材のものにすると違います。

なんといっても蒸れると臭いが酷くなってくるので、できるならパンプスなどの通気性の悪い靴を長時間履かない方が臭くなりました。

仕事で仕方がない場合以外は、通気性のいい靴にかえたりサンダルのような靴だと蒸れないので臭いも抑えられます。

牛乳石鹸で足を洗って臭い軽減!安くて良い足の臭い対策!

私は汗っかきなタイプで、夏はもちろんのこと、冬場も室内などあたたかいところに行けば、すぐに汗をかいてしまいます。なので、脇のにおいは常に気をつけてきました。

しかし、足に関してはあまり考えてこなかったんです。足のにおいに気付いたのは、お洗濯物をするために靴下を持ったとき。それは夏でしたが、自分のものとは思いたくないようなにおいがして…ショックでした…。

そこからは、ニオイ対策に頑張りました。


まずは、とにかく靴下をしっかり洗うこと。おしゃれ着洗いではなく、粉の洗濯洗剤でしっかり洗いました。靴下自体もにおいを溜め込まないような通気性の良いタイプのものを買うようにしました。

また、足は毎回固形石鹸でしっかり洗うようにしました。ボディソープだとあまりきれいに汚れやにおいを落としきれない感じがあります。また、香料が入っていると足のにおいと混ざってしまうので避けました。

おすすめは、牛乳石鹸です。とてもシンプルな石鹸で華はありませんが、しっかり足の汚れを落としてくれます。夏場は、朝もシャワーを浴びてしっかり足を洗うようにしています。

とりあえずこの2点に気をつけて過ごしてみました。


そうしたら、だいぶにおいが気にならなくなりました。お家に帰ってから靴下のにおいを確認してみたのですが、以前よりはましになっていました。どうやら私の場合は固形石鹸で皮脂をしっかり落としたのが良かったようです。

しかし、まだにおいは残っていました。女性ですから、できれば無臭を目指したいものです。そこで、外出前にいつも8×4をスプレーすることにしました。しかしこれは逆効果でした…。

香り付きのものをスプレーしたら、昼間、足元からいやなにおいが…。汗と8×4の香りが混じってひどいことになってしまいました。

そして考えて、今度はBANの脇用のデオドラントを利用してみました。液体状のものです。効果は抜群。これを足に朝つけると、夜まで一切においません。靴下も無臭なんです!安くて良い方法が見つかり、満足しています。

以下のサイトでは、足汗や臭いを改善するグッズなどを紹介していました。足の臭いを消す方法やグッズをお探しの方は、参考にすると良いかもしれませんよ!

参考サイト:足の臭いを消す方法ラボ | 制汗クリームやグッズで対策OK!

足の雑菌が繁殖しなうように心がけたこと!私が実践した臭い対策!

私は現在30歳、男性、独身です。私が足のにおいが気にはり始めたのは3年ほど前からです。それも急にです。

現在は、自営業をしておりますが、3年ほど前まではサラリーマンをしておりました。そのころの私は毎日、営業のノルマに追われ、今思えば、かなりのストレスを抱えていました。そのせいか、頻繁に足汗をかくようになりました。

靴を履いていたら大丈夫なのですが、座席など、靴を脱いだ瞬間、ツーんと、かなりキツイ匂いがしました。周りに気づかれていないかいつもひやひやしていました。


たまたま、ちょうどそのころ、会社をやめ、自営業をすることになり、革靴生活は終わりました。

自営業ということもあり、ある程度ラフな状態で仕事ができていたため、クロックスという、サンダルと靴の中間のような履き物で、素足で仕事ができるようになりました。

そのおかげでストレスや蒸れた足の状態は改善されるものと思っていました。しかし、その思いとは反面、症状は全く改善されず、素足でクロックスの中でツルツル滑り、まともに歩けないほどでした。

そこで、私は、匂い消しのクリームやスプレー、就寝時に張る足裏シート、色々試してみましたが、まったく効果がありませんでした。

それでも、どうにかならないものかと、探した結果、消臭ソックスにたどり着きました。しかも、消臭ソックスを1日に何度も履き変える方法です。これで、とりあえず匂いはかなり改善されました。

また、靴下が足汗で湿ってしまったら交換することで、ほぼ1日中匂いが気になる時はなくなりました。

しかし、根本は改善されたわけではないので、雑菌が繁殖しないよう、出来る限り、直接足を洗う回数を増やしたり、靴もよく洗うようにはしています。

私の場合、この方法でとりあえず、人に気づかれることはないかな、という段階までにはいきました。自分でも匂いが気になる場合は、きっと周りの人には気がつかれているはずです。

同じような悩みを抱えている方、根本的に治したいところではありますが、エチケットとして、まずは、周りに気がつかれない程度にはごまかしでもいいので、努力していきましょう。

そこから、きっとあなたにあった改善策が見つかるはずです。

ブーツをこまめにケア!靴下やタイツの臭いが軽減した!

タイツでブーツを履くようになると臭いが気になります。冬は忘年会や新年会シーズンです。選んでくれたお店が座敷だと靴を脱いでから上がります。ブーツを脱ぎながら靴下やタイツの臭いに神経がいきます。

靴を脱ぐとタイツから例えようがない臭いがしました。それからは靴を脱ぐような場に行きたくなくなりました。お店が座敷だとみんなが靴を脱ぎ終わってから入っていました。友達に家に上がるのも気が引けるようになっていました。


臭いが気になり靴下やタイツが臭う原因を探しました。革のブーツは会社まで履いていきます。

会社で履き替えるので脱ぐともう靴下やタイツが臭いです。通勤時間は長くないのでブーツを履いている時間は影響しないはず。それでも臭うということは同じブーツを履いているから?と思いました。

家にあるブーツは革ブーツと布ブーツ2足です。同じ靴を履かないように気をつけるようにしました。毎日履かないようにしたら靴下やタイツの臭いが変わりました。

特に革ブーツの日が良くなりました。革で蒸れた汗や雑菌が靴下やタイツで大活躍していたようです。

さらにブーツを休ませている間にケアしました。履いて帰った家で靴を脱いだら専用のスプレーを靴中にします。雑菌の繁殖を防いでくれるので臭いの予防になります。

しばらく玄関に置いて靴箱にしまう前に靴中に新聞紙を詰めます。無ければ靴中を乾燥させるような乾燥剤を入れてもOKです。

ブーツは乾いているように見えても水分を吸っています。そのままでは細菌が増えたりカビが生えてきます。収納する下駄箱の湿度にも気をつけて下さい。湿気があるよう下駄箱なら乾燥剤を入れましょう。


毎日同じブーツを履かず、靴を乾燥させた結果臭いがなくなりました。臭いの原因は汗と細菌が靴下やタイツに蒸れることが原因だったようです。

ブーツはお手入れをするようになってから靴中が乾燥しています。足も気持ちがいいし、ブーツを脱ぐことに抵抗がなくなりました。靴下やタイツが臭って気になる人は参考にして下さい。